-----

--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

04-20

2011

本とタイ

吉岡みね子 編訳 『タイの大地の上で 現代作家・詩人選集』


彼女のそのすべてがなんと美しかったことか。美しくあるべくしてこれほど美しいのか、それとも美しいがゆえにこのように美しいのか、私にはおよそ知る由もないことです(p71)

人は誰も、誰に対しても恩という借金はない。人にはそれぞれ異なった神が存在する(p102)


私は、日本人ぽくないらしく、「外国人ですか?」「どこの出身ですか?」と聞かれることがしばしばあります。

しかし、タイの人だけは例外で、わたしの顔を見るなり、「タイ人ですか?」と聞いてくれる。

そのため、タイには並々ならぬ関心を持っています。

この本。こまごまと感動する。登場人物も、どこか自分に似ている気がする。

タイか。タイやな。
スポンサーサイト
|TOP|

COMMENT

タイのホテルのエレベーターに貼ってあった、サウナのポスター思い出します(笑)
mamemoさんに激似のモデル!
2011/04/21(木) 22:29:55 |URL|AAP #- [EDIT]
ホテルに帰ってくるたびに、「mamemoただいまー」って話しかけてたAAPさんも思い出します。ただ、バンコクはめっちゃ暑かったよねー。本当に住めるのか私。

またタイに行ってみたいです!
2011/04/22(金) 19:39:01 |URL|mamemo #- [EDIT]

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:
  • secret:
  • 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。